巻き爪を治したい!自分でできるオススメの治し方-巻き爪の治し方|自分で治す方法の人気お勧めランキング♪

巻き爪を治したい!自分でできるオススメの治し方

女性の中では注目されている内容に、爪に関することがありますね。

以前はマニキュアなどを塗ることに限定されてきたことがありますが、現在ではアートネイルやジェルネイルなどとして、綺麗な爪に仕上げることがお洒落の一つとして人気でしょう。

しかし、特に足の爪に関しては、人によっては巻き爪の状態になってしまう方もいて、見た目上として綺麗に見せることができません。

正常な爪ならば、緩やかにカーブを描いた状態になりますが、巻き爪ならば内側の肉に食い込んでしまうことになり、爪が変形した状態になることが前提ですよね。


対処方法は用意されていて、例えばあまり深爪にしないことが良い方法とも言われていて、常に爪の状態をチェックしていくことでも早期に対応できるでしょう。

実際に巻き爪の状態になってしまったならば、そのまま放置をしていても治すことが難しい場合もあって、推奨される方法によって正常な状態に戻すようにチャレンジしてみることがおすすめです。


効果的な巻き爪の治し方として、自分でできる方法の中には『巻き爪ロボ』という器具を使う方法が提案されています。

『巻き爪ロボ』は爪の状態に合わせてAタイプとBタイプのものが販売されています。

左右が均等な場合ではAタイプを使い、均等ではない状態ではBタイプを使います。

『巻き爪ロボ』での治し方では左右にフックが付いていて、それぞれを爪の両端に引っ掛けます。

その後に中央のアジャスターを爪の上の中央付近に取り付けを行って、その反動によって両端のフックで持ち上げる方法です。


装着後には38度から42度程度のお湯に足を浸すことがポイントになって、爪が馴染んだならばお湯から足を出してドライヤーで乾燥させましょう。

爪を見て綺麗な状態に戻っていれば、そのまま器具を取り外します。

この一連の作業を繰り返す方法で自分であっても治すことができるでしょう。


他の方法としては『巻き爪ブロック』という商品も提案できます。

このタイプでは両端のフックを爪に装着する方法で、爪の表面にはフックからつながるバネが設置されていて、バネの力によって自然的に爪を元通りに戻す方法です。

比較的簡単にできる治し方になり、あまり目立たない方法での治し方としても優れた一面があるでしょう。

最後に『巻爪直子』という商品もあります。

特殊な樹脂素材で作られている器具になっていて、装着することで食い込んでいる爪をガードすることができて、外部からも保護を行う効果を持っています。

初期の段階用として活用することに向いている商品でもあって、外出時であっても違和感なく装着できるメリットを持っていますね。